障害者のグループホーム

グループホームとは

在宅共同生活援助の事をいいます。

 

障害者が日常の生活を自立して送れるように支援をする為の場所です。

そのため常に生活のすべてに対して

行動のサポートをするというわけではなく

出来る所と出来ないところの範囲を見定め

生活の援助をしていくことを目的としています。

 

そのためある程度自分で生活をすることが出来る

比較的軽度の方が入居されているのが障害者のグループホームです。

近隣の生活に溶け込み社会性を身につけ

社会で働ける労働力等も身につける事が出来ます。

 

送迎の付き添いやイベント行事等癪生活の流れや

仕組みを理解する為に知的障害者に生活のサイクルを伝える為に

構造化という仕組みで生活のスケジュールを伝え生活のサポートなどもしています。

 

障害者は1つのことに対してこだわりというものを持っている方が多く、

集中してしますと1つの分野においては類まれない才能を発揮しますが、

他の事が手につかなくなってしますケースというものもあり、

生活の管理をする事でこだわりを軽減することが必要とされています。

 

普段生活をされている分には他の人と何ら遜色はないので

自然に接することが大切です。

歴史の流れに共ない、今までは余り理解をされていませんでしたが、

福祉の発展とともに障害者も活躍が出来る場が増えてきており、

生活をする環境も増えてきています。

 

障害を持っている方が入居するグループホームとは

人間らしくありのままの生活を提供するとともに社会生活を学ぶ場でもあるのです。



身体障害者手帳 関連記事


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

コメント

お名前 *

ウェブサイトURL

CAPTCHA