介護給付の種類

介護給付に該当する障害福祉サービスには10種類あります。

 

①居住介護

ホームヘルプサービスと呼ばれているサービスで、

居住において入浴、排泄、食事等の介護を提供します。

 

②重度訪問介護

重度の肢体不自由者で、常時介護を必要とする障害者に対して、

入浴、排泄、食事の介護、外出時の移動中の介護を

総合的に提供します。

 

③行動援護

知的障害または精神障害によって行動上著しく困難であって、

常時介護を必要とする障害者に対して、

行動する際に生じる危険を回避するために

必要な援護や外出時の移動中の介護等を提供します。

 

④療養介護

医療を必要とする障害者で、常時介護を必要とする障害者に対して、

主に昼間に病院や施設で機能訓練、療養上の管理、監護、

医学的管理の下の介護、日常生活上の世話等を提供します。

 

⑤生活介護

主に昼間に障害者支援施設で入浴、排泄、食事の介護、

創作的活動または生産活動の機会等を提供します。

 

⑥児童デイサービス

障害者に対して、肢体不自由児施設等に通って、

日常生活における基本的な動作の指導、

集団生活への適応訓練等を提供します。

 

⑦短期入所

居住で介護を行なう人が疾病等で介護ができない場合に、

障害者等が障害者支援施設等へ短期間入所させ、

入浴、排泄、食事の介護などを提供します。

 

⑧重度障害者等包括支援

常時介護を必要とする障害者に対して、

介護の重要度が著しく高い場合に、

居住介護を包括的に提供します。

 

⑨共同生活介護

主に夜間に共同生活を営む居住において

入浴、排泄、食事の介護を提供します。

一般的にケアホームのサービスのことを指しています。

 

⑩施設入所支援

施設に入所している障害者に対して、

主に夜間に入浴、排泄、食事の介護を提供します。



身体障害者手帳 関連記事


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

コメント

お名前 *

ウェブサイトURL

CAPTCHA