障害者の農業での就労

現在ではさまざまな企業や分野で

障害者枠での雇用が率先して行われていますが、

そういった障害者の社会貢献を支援する取り組みとして、

農林省も農業での障害者の雇用を推奨しているのです。

 

特に最近では農業関係の後継者不足や人手不足の解決策として、

こういった障害者の農業に対する雇用に多くの農家の関係者が注目しています。

 

農作業の場合には障害を持った人でもある程度の作業は行えることが多いので、

障害を持った人でも能力を最大限に有効活用できる機会を、

農業と言う働く場を通じて提供していくことが、

今後も障害を持った人たちの社会貢献を後押しすることになっていくと予想されています。

 

最近ではこういった障害を持った人たちの雇用を推奨する自治体も増え始めていて、

将来的には農業においては障害者枠の就労がより一般的なものとなると、

多くの人々に期待されているのです。

また障害を持った人がマイペースに仕事を出来る環境としても、

農耕や畜産関係の仕事と言うものは最適な仕事だと言われているので、

無理のない就労を障害を持った人々に提供するには最適の職場環境であるといえます。

 

多くの場合には、このような障害を持った人たちの就労を支援し

サポートするための環境作りというものが、

これからの誰もが幸せになるための社会作りの一環として重要視されています。

平等に雇用機会が与えられる社会においては、

農林省の障害を持った人たちの雇用を推奨する姿勢を見習うことが重要です。



身体障害者手帳 関連記事


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

コメント

お名前 *

ウェブサイトURL

CAPTCHA