障害者とスポーツ

からだの機能の一部に

障害を負っている障害者の人は、

当然その日々の活動のなかでもいろいろと制限をされることが多いです。

 

たとえば足に障害があるという場合は

杖などを持って歩かなければならないということがあります。

またそれよりも重度の障害を足に持っているという場合は、

日常生活にも車椅子を使用しなければならないということもあります。

 

また足だけではなく障害にはほかにもさまざまなからだの場所に発生する場合もあります。

腕などもそのような障害がおきやすい場所のひとつといえます。

腕などに障害があるという場合は、物を持ち運ぶというようなことに

困難が生じる場合があります。

また、手を使って何かを書いたりするという場合も困難を生じるということがあります。

 

そのような障害の他にも耳などに障害があるという場合もあります。

そうした場合は外部の音を聞くという場合に困難を生じます。

そのように障害者はその障害のある部分のからだの機能の制限により、

日常生活の一部が困難になるということが非常に多いです。

 

ですからそのような障害を持つ人にとって、

毎日の生活の息抜きとなるような趣味などを持つということはとても大切なことになります。

障害を持つ人のなかにはスポーツなどを趣味として持つという人もいます。

障害を持つ人のなかには運動能力が制限されている人も多いですが、

それでもスポーツをやりたいと願う障害者ために

さまざまなスポーツの種類や、器具が開発されています。



身体障害者手帳 関連記事


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

コメント

お名前 *

ウェブサイトURL

CAPTCHA