障害者扶養共済制度

障害者扶養共済制度とは、

障害者の親が亡くなった後の

不安を軽減するためにつくられた制度で、

心身障害者を扶養している方が対象です。

 

障害者扶養共済制度に加入すれば、

将来、親に万が一のことがあった場合、

障害者にお金が支給されるようになります。

 

月々の掛け金は1口あたり1万円程度になり、

加入者の年齢が上がるに従い、掛け金もまた上がっていき、

60歳になると2万円程度にまであがります。

 

ただ、加入者が継続して20年以上加入した場合と、

加入者の年齢が65歳以上に達した場合は、

その後の掛け金は納めなくてもいいことになっています。

 

そして、将来、親に万一のことがあった場合、

障害者には月々、1口につき2万円が支給されるようになります。

 

障害基礎年金をもらっていても、共済金と併給することができます。



身体障害者手帳 関連記事


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

コメント

お名前 *

ウェブサイトURL

CAPTCHA