難聴と障害者手帳

耳の聞こえが悪いという人もいると思います。

そのような人のなかには日常生活で

とくにこれといった不自由もなく暮らしている

という人もいると思いますが、日常生活で困難が生じるほど、

聴力に障害があるというような人もいるでしょう。

 

そのような場合、他人と会話をするという場合でも

相手の言っていることが聞き取りにくくなるというケースも考えられます。

そのような他人との会話のコミュニケーションなどに

困難を感じているという人のなかには、

補聴器を使用して生活をしているという人も多くいます。

 

そのような難聴という障害を抱えている人のなかには、

耳の聞こえがある一定の基準を超えて悪いというような場合には、

国や地方自治体などから援助を受けるということができる場合があります。

ですがそのような援助を受けるために大抵の場合は必要になるものがあります。

それは障害者手帳です。

 

障害者手帳とは障害をからだの一部に持つ人で、

その障害の程度が一定の基準を満たす人が、

地方自治体から交付してもらうことができるものです。

障害者手帳を所有するということにより、

その所有している人がからだの特定の部分に

一定のレベルの障害を持つということを公的に証明をすることができます。

 

このような障害者手帳を交付してもらうためには、

障害者が住んでいる地方自治体に手帳の交付の申請をする必要があります。

この手帳の申請をするというときには、医師の診断書を提出する必要があります。



身体障害者手帳 関連記事


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

コメント

お名前 *

ウェブサイトURL

CAPTCHA