身体障害者手帳申請の手続き

身体に障害を負った時に

身体障害者手帳申請をした時の体験談があります。

 

身体障害者手帳申請をした等級は、

1種の1級で身体障害の中でも最も高い等級になります。

そして等級と合わせて、交通機関の介助が必要だったため、

そのことも記載されている身体障害者手帳です。

 

まず身体障害者手帳申請をする場所は、

自分自身が居住している自治体です。

申請するためには、市役所で障害手帳の交付の用紙をもらう必要があります。

そして交付に関して必要な書類は、

写真と病院で必要事項を記載してもらった診断書と

印鑑を合わせて申請します。

写真は障害者手帳に貼付するために必要になります。

 

市役所で申請した後は交付されるまで連絡を待つのみとなり、

約1ヶ月で交付された記憶があります。

交付に際しては、身体障害者手帳を利用することで

様々なサービスを受けられることを説明されました。

説明だけでは全部覚えることができませんでしたが、

もらった冊子には色々な助成やサービス内容が記載されていため、

今後の生活において参考になりました。

 

この助成やサービスは自治体や等級によって異なるため、

確認する必要があります。

よく利用しているのは医療費や交通機関で、

障害者手帳を提示することで助成されたり割引を受けています。

 

また確定申告の時にも使え、所得税や住民税を

控除することができるので利用してます。

その他にも住宅をバリアフリーにした場合は、

居住している自治体から補助金が交付されます。



身体障害者手帳 関連記事


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

コメント

お名前 *

ウェブサイトURL

CAPTCHA