慢性腎不全と身体障害者手帳

慢性腎不全とは

腎機能の低下のために

種々な症状を引き起こす病気の一つです。

 

腎臓は泌尿器系の器官の一つであり、

肝腎の言葉が示す通りに人の体にとって、

極めて重要な臓器なのです。

 

役割としては、血液からの老廃物の除去や

余分な水分を尿として排出させたりと、

人の体に入ってきた必要のないものを

体の外に出すことが主な仕事になります。

 

腎臓が人の体の中の体液を常に綺麗に保つ働きと

適度な水分の量を保つことで、健康な体を維持していることになります。

 

この腎機能が低下してしまい、上手く働いてくれないと

体の中の体液の量は適量ではなくなり、

むくみなどが発生してしまい部分的に時には全体的に、

太ったような印象を与えてしまいます。

 

しかし、これは単なる体重が増加したために太ったといったものではなく、

人の体にとって通常の状態を維持できていない極めて危険な兆候なのです。

血液から老廃物を除去することもできないので、

血液はどんどん汚れていき健康な人間ならば

自分の体の中でできる血液の浄化をすることができなくなるのです。

 

汚れている血液をそのままにしておくことは出来ないので、

いわゆる人工透析という医療行為を受けなければいけなくなるのです。

 

慢性腎不全にまで進行してしまうと、治療方法は人工透析あるいは移植などがあります。

慢性腎不全には他にも色々な症状が出ることがありますが、

いづれも治療には時間と費用がかかるので、

社会福祉制度を利用することをオススメします。

 

身体障害者手帳を各自治体の手続きにそって申請すると、

その症状の度合いと年齢によって等級を判断されて、

手帳が発行され福祉サービスを受けることができます。



身体障害者手帳 関連記事


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

コメント

お名前 *

ウェブサイトURL

CAPTCHA