障害者のチャレンジ雇用

チャレンジ雇用とは

障害者を一年という一定の期間内を単位として

就労に結び付けることを目的としています。

 

そのため、各府省各自治体において

非常勤という体制で一年から三年の範囲で

労働をしてもらい就職へと結び付けます。

 

流れとしては事前に仕事を内定する為に準備と言われ、

受け入れ先の模索や決定を行い、求人票を提出します。

受け入れ先の企業と面接を行い働く前に

就労実習というもので実際に現場に行って働く内容を体験する形式をとります。

 

障害者に取っての課題は仕事を覚えられるかどうかという部分よりも

コミニケーションがとれなく自分の考えや想いを伝えれらない為、

理解がされずらく仕事が長続きしない例があります。

 

そのために課題を解消し障害者が雇用につくまでに

期間にサポートをするのがジョブコーチになります。

障害者が悩んでいる課題に対してどういった形で

問題解決をするのかを考え解決策を導く存在です。

 

このジョブコーチが介入することでチャレンジ雇用の意味合いがさらに強い物になります。

決まった期間内を就労するにあたり企業を

ジョブコーチの連携というものが密接にリンクしてくるからです。

 

障害者の働いている状況や業務内容又は

指導内容について定期的にジョブコーチと企業が介入することで

働きやすい環境を整えていくことが出来ます。

 

本採用が決まると、ジョブコーチが来る機会を少しずつ減らし

雇用側いわゆるキーパーソンが中心となり労働をしていくことになります。



身体障害者手帳 関連記事


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

コメント

お名前 *

ウェブサイトURL

CAPTCHA